まさか…

今日、クララを病院に連れて行きました。最近の様子と症状を伝えると、「レントゲンを撮ろう」と先生。レントゲンを見た結果、「肝臓と脾臓が膨れ上がっているからちゃんと検査をします」とのこと。
夕方もう一度病院へ行き、説明を聞きました。「もう厳しいですね。末期です。あと 10日か2週間ですね」。「え⁉」と頭が真っ白になりました。
血液のガンで、肝臓か脾臓でガンが急成長して破裂して出血してるそうです。痛みはないけど、圧迫されているから呼吸がしにくくなっているとのこと。あと10日くらいするとまた破裂するそうです。それが最後でしょう、と言われました。あまりにも突然で信じられません。
しかし、覚悟をして、今しっかり触れておかないといけないと思っています。最後はバタバタするだろうと言われました。なるべく苦しまずに逝ってくれたらと思います。
一昨年もさくらという犬が、血液のガンで手術をした2週間後に14歳で逝ってしまいました。クララも同じなので、それも驚いています。
悲しいことですが、現実を受け入れ、最後までかわいがってやりたいと思います。

2020年03月09日